明けましたがおめでとうございます。2011

どうも、ご無沙汰しております。らいねです。 「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが 同人STG制作サークルの忘年会→新年会に参加したおかげで 思いっきり寝正月してました。 遅れましたがあけましておめでとうございます。

事後報告になりましたが、C79の報告とその他色々。

コミックマーケット C79

参加された方々、お疲れ様でした。 今回RebRankではRefRain C79版を、Phonotaxisでは新譜のphonohazeを頒布致しました。

今回はPhonotaxisのスペースで売り子だったり、謝ったり、CDの袋詰めしつつ、会場を回ってましが、人の流れが落ち着くのがちょっと早い気がしました。後で飲み会で各サークルさんの話を聞いてみると、同じように感じた方が多くいたようで、年末効果なのか配置換えの効果なのかいまいち分からないところですね。

コミケ後は恒例の同人ゲームサークルの打ち上げがあり、忘年会兼新年会ということで多くの方々と楽しみながら年を越す事ができました。中でも清純派さん(元帥)とArtesneitの坂葉さんのかけあいがツボにはまり、しばらく息をするのが辛かったです。

戦利品とか

C2機関さん
彼を明日のパンで挟む冬。
Sign System
RAVING PHANTOMさん
WinterGirls×HeadphoneLife
OMNi7
COSMIC FORGEさん
チョコレートの時間
オタクブックスさん
ここ最近のオタク文化とデザインは
みなむーん
うほこのえほん
7-iro
みのしんかー 概要と手引き
Phonotaxis
phonohaze
アニプレックス
ひだまりスケッチちゃん
Artesneitさん
みっくすまるちぷらい すぱいらる
大雪戦さん
スイカVSメカスイカ
Garage Lover!さん
まーちんぐ・へあー準備号
ねじれのいち

コミケ前に手や足を負傷してたために、あまり歩き回らなかったのであまり購入していませんι幸いながらYokoさんと購入するタイプが被っているので、殆ど一緒に購入してきてもらいました。ありがとうYokoさん。

あと、何も言わずに「ひだまりスケッチちゃん」を買ってきてくださったNissyさん、本当に本当にありがとうございました。

2010年物欲の秋

色々とお買い物。

ひだまりスケッチ☆☆☆ 特別編

ファミレスでわっしょいしたり、実家でわっしょいしたり、バベキュでわっしょいするお話が収録された特別編。 相変わらずのまったりゆるゆるな展開でにんまり。 前半が夏目のしょんぼりで終わってしまってて微妙な気分になったけど、後半でしっかり挽回してくれていました。 第4期はまだですk。

放課後ティータイムII 初回限定版

紬のソロが入っていると聞いて購入。 Amazonで初回限定版の予約が中止されるほどの人気で、買えるかどうかドキドキでしたが、さすが田舎なだけあって、普通に買えました。

ざっと聞いた感想として、目当てのHoney sweet tea timeを始め、ハズレ曲も無くとてもいい感じ。中でもときめきシュガーが、作中では場を凍りつかせるほどの詩だったのに、曲が合わさってまったく別のものになっててびっくり。

serial experiments lain BD-BOX

プレゼント・デイ…プレゼント・タイム

大学時代に、muraroに見せてもらって感銘を受けた作品。 10年以上も前なのに、インターネットというメディアの特性を鋭く描いてて、今見てもいろいろと考えさせられます。

シューティングゲームサイド購入とその他色々

シュティングゲームサイドVol.1 われらがRebRankのYokoさんが特集されてるので、購入しました。

内容をざっと見てみたところ、かなりのボリュームがあるみたいなので、肝心の同人サークル座談会の部分だけを読みました。 残りはちまちまと読んでいきましょう。

「Ai→Canvas」イラストをHTML5形式に変換する画期的プラグイン

仕事中に見つけたのでメモメモ

試しにMISCのロゴを出力してみました。

何か無駄に大きくなってる気がするのと、クリッピングマスクで隠したところまで出力されちゃうのが難点。 あと、IE(ry

コメントフォームのCSS変更しました。

CSSの:beforeと:afterを利用して、吹き出しを実装してみました。 IE7以下だと表示されないとか問題あるけど、別に良いよね?よね?

第三回行田市B級グルメ大会

午後12時前後の会場の様子

人いっぱい。 ほぼ完売。

会場に到着した段階でほとんどの名物が完売状態で、凄い行列。 コミケの東館の待機列ですかと、言いたくなるぐらいでした。

結局、何も口にすることなく会場を立ち去りました。 駐車場に戻る際に、笑顔で会場に向かっていく親子の姿をみて、なんとも言えない気持ちになりましたとさ。(´・ω・`)

第34回鳩山祭

例年通りですと、11月頭の文化の日を挟んだ連休中に開催されるのですが、今年は10月末と珍しいケース。 東松山のスリーデーマーチとの日程がずれているらしいが、大丈夫か?

先月の頭に行われた飲み会で、ホームページの件を強くプッシュしておいたら、しっかりリニューアルしてくれたみたい。 [Amusement Makersホームページ] ついでに鳩山祭の特設ページまで作ってくれたみたい。 ありがたや。ありがたや。

あなたを幸せにするのは、最後はいつだってあなただ。

キノの旅XIV表紙

キノの旅の14巻を購入しました。 相変わらず、読んだ後に色々と考えさせられるお話が多いです。 個人的に、第十話「正しい国」のサブタイトルの“WAR = We Are Right!!”というサブタイトルが、話の内容と相まって印象に残りました。 自分たちが正義だと思い込んで周りが見えなくなる事ほど、厄介なものはないですね…。

わーどぷれす始めました。

NickyからWordPressへ出戻りしました。 日記を書くだけなら、Nickyだけで十分事足りていたのですが、勉強も兼ねてWordPressに戻ってきました。 色々と構想はあったのですが、運用しながら調整していった方がよさそうな感じだったので、とりあえず公開しました。 不具合とか変なところがあっても目をつぶってやってください。(・ω・|

Nicky→WordPressのログ移項に関して、後でまとめておかなきゃだなぁ。

RedRiveのWeb公開を開始しました。

タイトルのとおり、昨年のエイプリルフールで限定公開していたRedRiveの配布を開始しました。 ダウンロードに関しては、RebRankのサイトをご参照ください。 ▼RebRank公式サイトRedRive作品紹介ページ

ゲームの内容自体は、エイプリルフールの限定公開版と大きな変更は無く、代わりに自機爆発の変更や、ルート表示など、細かいところのブラッシュアップが行われております。 また、追加要素としてTwitterへのつぶやきに対応しました。 こちらは瞬殺サレ道さんのご好意で実現することができましたので、瞬殺サレ道さんにはこの場を借りてお礼を申し上げます。 作品の感想やバグ報告や叱咤激励などその他諸々がありましたら、RebRankの掲示板やメール、私のTwitterアカウントにDして頂けるととても喜びます。(*’ω’*) (そういえば、RedRiveにはmyzさんが作ってくださった設定があるのですが、諸々の事情でまだ公開しない方向にしています。)

おっかいもの

1004.jpg (211 x 120)

Backdrops
猫又Master+のソロアルバム。 前作のRaindropsのような落ち着いた雰囲気とは逆で、勢いがあったりダークなところがあったりと、言わば光と影でいうなら後者のような楽曲を集めたアルバム。 ジャケットからは、もうちょっとMOTHER2のムーンサイドみたいな感じのサイケデリックで歪んだ感じの楽曲がいっぱい詰まってるかなーと思ってました。 Being Torn The Sky、End Of World、Good-Bye ChalonやKung-Fu Empireなどがとてもお気に入り。
旋光の輪舞DUO オリジナルサウンドトラック
渡部さんパネェっす。 曲を聴けば聴くほど、モチーフとなっているキャラクター像が浮かび上がる。 さらに同じキャラクターに対して2つの曲が割り当てられていて、その2曲を聴き比べることで、浮び上がったキャラクター像に陰影がつけられていく感じで立体感が生まれてきます。 例えば、忍のInvulnerable Satelliteという曲では、悪を許さない正義の使命感燃える厳格なイメージと、それに対してNordleadでは聡明で可憐で気品溢れるイメージといったような感じで、忍というキャラクターのイメージがかなり鮮明に浮かびあがるのです。 そんなこんなで、CDが届いてからずっとヘビーローテーションで延々と聴いております。

次は6年後です。

さようなら、シルバーウィーク。 んで、連休中にあったできごと色々

同人ゲームプログラマ飲み会

同人ゲームサークルのプログラマ飲み会があったので、例のごとく2次会だけ参加してきました。 今回は、2次会の前にねこみみのかけらの神楽さんに誘われて裏1次会を開くことに。 参加された方は、神楽さん、くろろさん、白黒stationの天野さんと私の4人。 お互いの仕事の話や何やらと色々と素敵なお話ができました。

話を聞いていて、やはり神楽さんとくろろさんは凄い人だなーと思いつつ、こういった各サークル同士の繋がりを形成するにの、一役買ってくれた清純派の方への感謝を再確認しました。 そんなこんなでまったりプリンを食べてたら、予想より早く1次会メンバーが2次会の会場へ移動を開始していたので、こちらも慌てて移動を開始。

2次会の方では、鳩山祭の展示云々の話から神奈川電子技術研究所のisao.netさんと、まうんと☆ぱんちっのDYさん、瞬殺サレ道のりすたるさんとお話することに。 まさか、大学1年のときにコンピュータクラブで経験した黒歴史が通じるとは思いませんでした。^^; その後は、すぐ隣で行われていた情報戦争と言う名の同人STG作者の集まるテーブルへ移動。なんだかRebRankメンバーに新たな疑惑説が浮上したりするなど、相変わらずこの一帯は面白かったです。

飲み会後は、ぽんちさん宅へお邪魔させてもらうことになり、設定資料集などの件について打ち合わせをしたり、ぽんちさんと一緒にのびのびBOYでのびのびしたり、グミ先輩を喜ばせてたりしているうちに力尽きてしまいした。 参加された方、お疲れ様でした。

ゲーム製作者になるための3Dグラフィック技術

と言う本が飲み会の際に色々な方が薦めていたので、気になって帰りに買ってきました。 休み中にざっと読んでみると、3Dゲーム制作における技法について、実際の使用例を元にわかりやすく解説されており、プログラマ以外の方でもなるほどなーと思わされるような内容でした。 影のつけかたや凹凸の表現など、これから3Dのゲームを遊ぶ際には色々と意識して見ることにしたいです。

けいおん! BD3巻

ぶるーれいでも  縞パン規制   解かれない (字余り) その分映像特典のうらおん!の方がだいぶ突き抜けてたので、良しとします。