RedRiveのWeb公開を開始しました。

タイトルのとおり、昨年のエイプリルフールで限定公開していたRedRiveの配布を開始しました。 ダウンロードに関しては、RebRankのサイトをご参照ください。 ▼RebRank公式サイトRedRive作品紹介ページ

ゲームの内容自体は、エイプリルフールの限定公開版と大きな変更は無く、代わりに自機爆発の変更や、ルート表示など、細かいところのブラッシュアップが行われております。 また、追加要素としてTwitterへのつぶやきに対応しました。 こちらは瞬殺サレ道さんのご好意で実現することができましたので、瞬殺サレ道さんにはこの場を借りてお礼を申し上げます。 作品の感想やバグ報告や叱咤激励などその他諸々がありましたら、RebRankの掲示板やメール、私のTwitterアカウントにDして頂けるととても喜びます。(*’ω’*) (そういえば、RedRiveにはmyzさんが作ってくださった設定があるのですが、諸々の事情でまだ公開しない方向にしています。)

おっかいもの

1004.jpg (211 x 120)

Backdrops
猫又Master+のソロアルバム。 前作のRaindropsのような落ち着いた雰囲気とは逆で、勢いがあったりダークなところがあったりと、言わば光と影でいうなら後者のような楽曲を集めたアルバム。 ジャケットからは、もうちょっとMOTHER2のムーンサイドみたいな感じのサイケデリックで歪んだ感じの楽曲がいっぱい詰まってるかなーと思ってました。 Being Torn The Sky、End Of World、Good-Bye ChalonやKung-Fu Empireなどがとてもお気に入り。
旋光の輪舞DUO オリジナルサウンドトラック
渡部さんパネェっす。 曲を聴けば聴くほど、モチーフとなっているキャラクター像が浮かび上がる。 さらに同じキャラクターに対して2つの曲が割り当てられていて、その2曲を聴き比べることで、浮び上がったキャラクター像に陰影がつけられていく感じで立体感が生まれてきます。 例えば、忍のInvulnerable Satelliteという曲では、悪を許さない正義の使命感燃える厳格なイメージと、それに対してNordleadでは聡明で可憐で気品溢れるイメージといったような感じで、忍というキャラクターのイメージがかなり鮮明に浮かびあがるのです。 そんなこんなで、CDが届いてからずっとヘビーローテーションで延々と聴いております。

次は6年後です。

さようなら、シルバーウィーク。 んで、連休中にあったできごと色々

同人ゲームプログラマ飲み会

同人ゲームサークルのプログラマ飲み会があったので、例のごとく2次会だけ参加してきました。 今回は、2次会の前にねこみみのかけらの神楽さんに誘われて裏1次会を開くことに。 参加された方は、神楽さん、くろろさん、白黒stationの天野さんと私の4人。 お互いの仕事の話や何やらと色々と素敵なお話ができました。

話を聞いていて、やはり神楽さんとくろろさんは凄い人だなーと思いつつ、こういった各サークル同士の繋がりを形成するにの、一役買ってくれた清純派の方への感謝を再確認しました。 そんなこんなでまったりプリンを食べてたら、予想より早く1次会メンバーが2次会の会場へ移動を開始していたので、こちらも慌てて移動を開始。

2次会の方では、鳩山祭の展示云々の話から神奈川電子技術研究所のisao.netさんと、まうんと☆ぱんちっのDYさん、瞬殺サレ道のりすたるさんとお話することに。 まさか、大学1年のときにコンピュータクラブで経験した黒歴史が通じるとは思いませんでした。^^; その後は、すぐ隣で行われていた情報戦争と言う名の同人STG作者の集まるテーブルへ移動。なんだかRebRankメンバーに新たな疑惑説が浮上したりするなど、相変わらずこの一帯は面白かったです。

飲み会後は、ぽんちさん宅へお邪魔させてもらうことになり、設定資料集などの件について打ち合わせをしたり、ぽんちさんと一緒にのびのびBOYでのびのびしたり、グミ先輩を喜ばせてたりしているうちに力尽きてしまいした。 参加された方、お疲れ様でした。

ゲーム製作者になるための3Dグラフィック技術

と言う本が飲み会の際に色々な方が薦めていたので、気になって帰りに買ってきました。 休み中にざっと読んでみると、3Dゲーム制作における技法について、実際の使用例を元にわかりやすく解説されており、プログラマ以外の方でもなるほどなーと思わされるような内容でした。 影のつけかたや凹凸の表現など、これから3Dのゲームを遊ぶ際には色々と意識して見ることにしたいです。

けいおん! BD3巻

ぶるーれいでも  縞パン規制   解かれない (字余り) その分映像特典のうらおん!の方がだいぶ突き抜けてたので、良しとします。

16^3

Q-BLOCKという、163の立体キャンバスに描いて作品を投稿するサイトが面白いです。 作った作品は即時公開されて、プレビュー数やお気に入り登録された数が確認できるうえ、なんか気がついたら作品をそのままTシャツにしてくれるサービスまで開始した模様です。 とりあえず、今までに作ったドッツを元にいくつか描き起こしてみました。 ・Little Little PrincessSMD-24OX高槻やよいさん (*‘ω‘ *)これはよいドッターホイホイですね。

C76のこと

だいぶ遅れましたが、C76でRebRankスペースにお越しいただいた方々ありがとうございました。 予想していた以上に人の流れが激しく、11:20頃には弾切れに; 色々と申し訳ありません…orz -閑話休題- んで、今回購入した作品の感想などをちょろちょろと。

LETHAL・CRISIS/大雪戦さん

前々作のLethal Applicationがとても面白かったので、Sheileさんに頼んで購入してもらいました。 ストーリー上の繋がりがあるものの、アスト□□ボだったシステムではなくなり、アサルトというダッシュ移動を駆使していくといったものに変化してました。 で、気付いたらこんな具合です。 rc.jpg (323 x 253) 最初はアサルトがうまく使えなくてやきもきしてたのですが、段々慣れてきて空中を自在に駆け巡るようになったら、一気に爽快感が増しました。 いくつか遊んでて気になった点を列挙。

  • 地面に向かってアサルト連打中に、上方向にアサルトを使用すると自機の挙動がおかしくなる。
  • バースト状態のままボスに突入すると、会話中に体力が減ってる
  • ボス戦でバースト後のコールドスピアでずっと俺のターン
  • 4面ボスが可愛すぎます(*‘ω‘ *)

今回は体験版ということで4面までしかないのですが、特別に4面以降での使用を想定された武装が開放されてて、今後のステージ展開がとても楽しみです。

SUPERまてまてレーザー(わくわく版)/瞬殺サレ道さん

不意のミサイルに何度も涙を飲みつつ、なんとかクリア。 ここからどう味付けされていくのかなーと思うと、とてもわくわく。

東方評論/オタクブックスさん

東方がなぜここまで流行するまでになったのか、実際に筆者が惹かれていった経緯を踏まえつつ、今までの流行の流れとの違い等について書かれています。 私が東方を知ったのは、某氏にAMの集会内で紅魔郷を薦められたのがきっかけで、その後PC98版の怪綺談を薦められ、BGMに魅せられてしまったという稀なケースでしたので、筆者様な視点からの考察はとてもためになりました。

私と明日のパンにキスをして/C2機関さん

「僕は明日のパンを買いに行く」に引き続き、おいしそうにパンを食べる女の子と素敵なパン屋を紹介する本です。 相変わらずレイアウトなどがとても丁寧に作られて素敵。 東京の方のパン屋って全く行く機会が無いのですが、この本を読んでみると無性に行って見たくなる衝動に駆られますね。^^; 後、突如登場したキュベレイに吹きました。

あ、あと清純派の方から素敵なフィギュアを頂きました。 dmc.jpg (320 x 240) この場を借りてお礼を申し上げます。m(_ _)m

IE6 Must Die

IE6君というブラウザはとても嘘つきです。 Web標準に準拠しましたとか言っておきながら、実装内容はボロボロなのは序の口で、勝手にfloatした要素のmarginを2倍にしてくれたり、PNGにもたせてあげたα値をガン無視してくれたりと、色々とやりたい放題。 これだとただの悪ガキで済む話なのですが、問題はWindows君といった普及率のとても高いOSと大変仲良しで、多くの人がIE6君を使う事になってしまったのです。 こうして、多くの人にインターネット=IE6君といった認識が植えつけられてしまった結果、配布開始から8年経った今でも製作者たちは悩まされ続けています。 そんなわけで、IE6でブラウジングをしている人に対してアップデートを勧めるTipsを表示するスクリプトが公開されました。 IE6 No More http://www.ie6nomore.com/ 私も仕事などでIE6には何度も泣かされていますので、早速導入してみました。 今年のエイプリルフールのページは、IE6に泣かされて朝まで作業をしてましたし…えぇ。

カスタネットをうんたんするお仕事

Blu-ray「けいおん! 」第1巻がTVアニメで最高の初動売上   ( ゚д゚) _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_    \/    /

     ̄ ̄ ̄ 0805.jpg (211 x 158)    ( ゚д゚ ) _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_    \/    / めっさ綺麗と評判だったので、ついつい購入してしまいました。 実際に見てみたら発色が良く、ブロックノイズが殆ど感じられないぐらい綺麗で 吹いた。 この品質で電脳コイルとか、ひだまりスケッチ365を出してくれないかなー。

おかえり のーぱそ!

重量級ノート

愛用していたノートPC、VGN-FS92PSがお亡くなりになられましたので 以前から目をつけていたVGN-FW93JSを購入しました。 090726_01.jpg (400 x 300)

PCの構成は以下の通り

CPU:Core 2 Duo T9600 (2.80 GHz) メモリー:6GB ストレージ:SSD 約256GB VGA:RadeonHD4650(1GB)/ その他:ブルーレイディスクドライブ    :IEEE 802.11abgn(MIMO 3×3)

持ち運びは基本的に行わないで、DTP関連の作業がしやすくて、PC用のゲームがしっかり動く~なものを考えたらこんな構成に;

とりあえず、保証期間のある3年間はみっちりと使い込もうと思います。

最近購入したゲームとか

090726_02.jpg (400 x 300)

気がついたら、いろいろと購入してた。

おかえり ちびロボ!は予想通り面白いです。 最初は行動できる範囲が狭く、見えているのにいけない場所がありますが、段々と行動範囲が広がり、目指していた場所へ到達できるといった達成感がとても良いですね。 後はお約束の疑似音声とか、効果音の使い方がとてもうまく勉強になります。 前作の咲かせてちびロボ!や、moonなどのラブデリック系のゲームが好きな人には おすすめできる一品だと思います。

Project Divaは、世界で一番お姫様のPVばっかり視聴してm(ry ちびロボ!が一段落したら、全曲出すまで頑張りますかね。

塊魂 TRIBUTEも、新動作のジャンプを一通り堪能したところで止まってまs こっちもちょくちょく進めないとなー。

火球のお嬢様

090706.jpg (272 x 204) お嬢様到着。 どこぞやのAmazonアフィで見かけたときから欲しいなーと思っていたら、気付いたときには発売日になっていて、その上当日販売分はほぼ瞬殺だったので、泣く泣く「やふおく」という禁断の領域に手をかけてしまいましたとさ。 欲しいと思ったときが、買い時ですという言葉が脳内をRefRain。

鳥になりたい

数年前から続いてた家庭内の問題に、先週末ようやく一区切りつきました。 …最悪の結果で。 良い方向へ向かってくれる事を切に祈るしかできない自分の無力さと、周囲に気軽に相談する事ができないもどかしさで、胃が痛みます。

Red Film another stories

C75で頒布した「phono anthology」にゲスト参加してくださったfenさんのアルバム。 Track_2の「黒い雲に覆われた無数の夜空」が良い感じです。