C74のジンクス発生

いつもやってくる、憎いあいつ

毎回恒例のジンクスが、1週ちょっと遅れてやってきました。 いつもどおり、帰宅してからノートPCの電源をつけIRCで会話をしている最中に、突然「ポスン」という何かが破裂したような音とともに、一瞬にして目の前の画面が真っ暗になり、電源が落ちました。 直後に電源スイッチを押してみたところ、LEDが光る気配もなく、HDDのシークも行われないといった状況に。すぐさまバッテリーを外して再度電源スイッチを押してみたり、逆にバッテリーのみの状態で電源スイッチを押したりしてみたものの、全く反応がありませんでした。

翌日、帰宅してすぐにサポセンへ修理依頼の電話。その後HDDのバックアップのために友人からPCを借りてきて、いざバックアップ作業開始…と思ったら、HDDがうんともすんとも言わず、どうやら2連鎖した模様。アチャポ。

そんなこんなで、メインのノートPCがお亡くなりになり、現在修理中です。 いった修理にいくらかかるんだろう orz

NHKスペシャル 幻のサメを探せ ~秘境 東京海底谷~

※リンク先画像がややグロなので注意 ぼへーっとNHK見てたら番組予告やってたので、正座しながら見てました。 ほんと深海の特集番組は素敵ですね。

C74二日目のこと(2)

頒布終了後

頒布が終わったことの安堵感に加え、会場内の熱気や、ここ数日間分の疲労など色々が押し寄せてきて、この辺りから時間の感覚がおかしくなる。 頒布終了後も、人の流れは一向に衰える気配がなく、来る人来る人に謝りつつ、前回のVerの違いについて解説をする作業へ。(解説は殆どYokoさんが担当されてましたが) その間に、色々な方が挨拶に来てくださいました。 無限旋律のとしさん、弾幕型の本気屋さん、無限うなぎのGTNさん、以前お隣だったSkywordの方、neetpiaの方、そして大学のOBの方々やAmusement Makers関係の方々などなど、記憶している限りでも多くの方が訪れてくださいました。本当にありがとうございます。

そして、何より一番驚いたのはRefRainの中の人達が挨拶に訪れてくださったことでした。ありのままに起こったことを・・・(AA略 と、驚きのあまりに思考停止し、Yokoさん共々しばらく唖然とした顔になってたかと思います;

ファーストコンタクト

そんなこんなで時間が経過し、人の流れも落ち着き初めて余裕ができた頃、Yokoさんがディアドラエンプティ完成版と本を抱えて戻ってくるのを目撃。 話を伺うと、お得意の 「これください」   ↓ 「ありがとうございました」   ↓ おもむろにRefRainを取り出す   ↓ 「こんな物を作ってますのでよかったらどうぞ」 といった後出しじゃんけん?を、ふろ~ずんお~ぶさんでなさってきたとのこと。

この話を聞いた後、私のいたずら心に何か湧き上がる衝動を覚えまして、後々の飲み会の席で渡そうと思ってたRedRiveのディスクを持ち出して、ふろ~ずんお~ぶさんのスペースへ直行。 同じようにディアドラエンプティ完成版と本を購入した後、(・ω・)とした顔でicewindさんに挨拶をしながらディスクを渡してみたところ、 「RebRankさん、何やってるんですかw」との素敵なお返事が返ってきました。 – Mission Complete –

撤収

色々とあって、気がついたら時計が15時を回ってるワンダー。 段々と人の流れも疎らになり始め、この後に飲み会が控えていたので、少し早めに開場を撤収。 その後、PCなどの入った荷物を取りに池袋へ移動。

C74打ち上げ飲み会

大幅に遅刻 本当にすいません orz 1次会では、ななぽさんや瞬殺サレ道の方々とお話しつつ、icewindさんにRebRankメンバーで押しかけたりし、2次会では大分出来上がってしまっていたSheileさんの様子を見守りつつ、白黒ステーションの方とお話してました。 とても有意義な時間を過ごせて楽しかったです。 毎回先陣を切ってこういった場を設けてくださっているS3.さんに感謝、感謝。 何か、色々とこの飲み会内での発言を巡って色々な情報戦争が展開されている模様ですが、参加された方々の日記などを見て回ってみれば、真実へたどり着けるかもしれませんね。 私の記憶が確かならば、きっとあれは・・・おっと、こんな時間に宅配便が来たようです。

購入したもの(音楽CD編)

便所飯選手権
paraokaさんのセンスは異常だと再認識しました Tr4は曲を聴いた瞬間に盛大に噴き出しました。 そりゃ、Webで試聴できないなーと^^; Tr2、Tr5とかが無難にお勧め。
history two
ジャケットやCDレーベルなど、至るところに各曲のロゴマークが散りばめられていて素敵なデザインです。思わず嫉妬。 Moon Light Cinderellaに歌詞がついた月下美人が収録されていたのですが、原曲の方が良いなーと思う箇所が多々あったりします。
Kaleido*MIXture
ちょっと開場前にご迷惑をおかけしたもので、お礼とお詫びを込めて購入した作品。歌い手にVOCALOIDを起用した楽曲が中心で、ほんわかとなるような曲が多いです。 Tr3の曲とか、とても好きです。
Realism
Icarus、Green Bird、Rendezvousがとても気に入っていたので、つい。

C74二日目のこと(1)

開場前のこと

マスターアップ→焼き→詰め作業が完了したところで、プライスカードの作成・印刷を忘れていたことに気がついて、結局寝たのが4時過ぎ; Sheileさんにお願いして、時間ギリギリまで寝させてもらい、どうにか睡眠時間を2時間程確保した後、会場へ出発。

9時前には会場に到着し、設営が終わった後はYokoさんが挨拶回りのため、ブースでお留守番。 その後、タイミングを見計らって一時ブースを抜け出し、ねぴあわ~るどさんのところへご挨拶。サークルカットについてちょこっと質問させて頂きました。 そんなこんなで時間が過ぎて、とうとう開場時間に

開場時間後

開場後しばらくはYokoさんとSheileさんがスペースにいらっしゃるとのことでしたので、代わりにお買い物。 橙汁さんのソラを購入した後、東方列を横目に同人音楽のスペースへ直行。 友人に頼まれたものを購入してから、Phonotaxisへ挨拶。 その後、Phonoのcocon君と一緒にRebRankのスペースに戻ると、人の流れがいつも以上に多くなっていて、気迫と熱気に圧倒されました。 そして、Sheileさんと交代しつつRefRainの在庫を確認してみたところ、何だかありえない数字になってて驚愕 :(;゛゜’ω゜’): 人の流れの勢いは留まる様子も無く、10:47頃には多目に用意してきたはずのRefRainの残弾が底をつきました。 呆気にとられる私と隣のYokoさん。 そしてこの後、衝撃の事態が・・・ -つづく-

C74戦利品

c74.jpg (400 x 218) 今回の戦利品です。 音楽CDは一通り聞き終えたものの、ゲームの方にまだ手が回ってません; あと、ぽんでらいおんは清純派のS3.さんからの頂き物です。 S3.さんには後で、たわわに実った何かをお送り返しますね^^

C74お疲れ様でした。

異様な熱気の中開催されたコミックマーケット74・2日目 参加された方々、お疲れ様でした。 そして、RebRankブースに足を運んでいただいた方々、ありがとうございました。 RefRain C74プレビュー版βですが、当初の予定ではお昼過ぎぐらいに頒布が終了するように、多めに作成して持ち込みを行ったのですが、気がついたらあっという間に在庫がなくなってしまいました。 わざわざブースに足を運んでくださった方には申し訳ないです; 戦利品に関しては色々と詳しく書きたいところなので、後程書こうと思います。

ナマステと楽園

先月末にPS3用の新しいゲームが配信されたので、いくつか購入。

The Last Guy

発売前のプロモーションムービーが色々とぶっとんでて惚れてしまったゲーム。 建物に隠れている人を探し出し、ゾンビに教われないようにエスケープゾーンまで導くと言った内容で、単純ながらも奥が深いです。 救助する人たちの中にはVIPといった特別なキャラがいて、しっかり名前と何故VIP扱いなのかといった解説が載ってたりと、ほんと細部まで徹底したバカっぷりです。 個人的に頂けないのは、ビルの当たり判定が分かりづらいことかなーと。 ぐるりとビルを囲んだつもりが、よく分からないところに引っかかってスタミナを無駄に消費しちゃって厳しいです。

しかしながら、それ以外の部分はとても良い出来ですので、ちょこちょこと進めて以降と思います。

PixelJunk Eden

マニュアルの不親切さに泣きをみるものの、しっかりとプレイ中うるさくない程度に解説が入ってくれるので助かります。 ジャンプとワイヤーを駆使してアイテムを集め、植物を成長させ、ステージに散らばったスペクトラを回収するといったゲーム。 最初の方は操作に手間取ったものの、慣れてくると独特の浮遊感を味わえて、動かしているだけでも楽しいくなります。 何か、ねぴあわーるどさんの「ちえりのドキドキ★ぶらり湯煙旅」を遊んだときのあの感覚に少し近いかもです。 そういえば、メッセサンオーにて取り扱っていただいている五月雨の方ですが、どうやら完売した模様です。一体何が・・・ :(;゙゚’ω゚’):