3月もそろそろ終わりですな。

何か色々とイベントがあったので、せっかくだから振り返ってみる。

3/9[スキー]

人生初滑り。
最初の方は友人から「そんなに張り切って2ゲットしなくていいから」って言われて軽く凹むものの、練習の甲斐があって午後辺りからちょっとは滑れるようになりました。
来年も行きたいなー。

3/11[飲み会]

shigさん、アルさん、優さん、お疲れ様でした。
機会があればまた誘ってください。
…そして見苦しいところすいません orz

3/14[映画]

今更ですが有頂天ホテル見てきました。 同じホテル内でバラバラに起きている多数の出来事が、段々と繋がりあい、最終的にまとまっていく様は素晴らしいですね。 DVDのレンタルが開始したら、また観たいかも。

3/某日[im@s]

新境地を開拓しようと、伊織ソロのプロデュースを開始。

DistorteD

IIDXの最新作、DistorteDが稼動してきたのでやってきました。
http://www.konami.co.jp/am/bm2dx/bm2dx13/ Tatshの新曲はやると疲れそうだったので、気になってたBloodyTearsのRemixとSota Fujimoriの曲などを中心に選曲。

今のところ気に入っている曲は
・APOCALYPSE
・TRANCE TYPE MARS(G-Style mix)
・Broadbanded
など。

特にAPCALYPSEに惚れました。2曲目から選択できるのでしばらく2曲目はこの曲で固定かも。
んでBloody Tearsだけど、中途半端なところで曲が終わったりと、原曲のノリを期待してただけに、少しガッカリ。
毎度期待しているプレイムービーの方は、レイザーラモンHGが出てたりiPodのCMっぽいのが出てきたりと、相変わらずやりたい放題だったし^^;
次プレイするときには、Tatsh曲やろうっと。

さいたま新聞より

3月3日発行の埼玉新聞に、[“ゲーム脳説”「矛盾ある」と警告]といった見出しがありました。

内容は、さいたま市で行われた市民団体「教育と自治・埼玉ネットワーク」の結成一周年第2回記念式典講演の中で、お茶の水女子大の榊原洋一教授が講演したもので、例の「ゲームをやる人のβ波の量が認知症の患者と同じような量で、脳の活動が少なくなっている」と指摘する本について「明らかな矛盾がある」と説明したそうです。

例の本の筆者を招いて講演を行おうとしている世田谷区と違い、さすがはさいたまクオリティです。

つか、世田谷区で行われる講演についての記事が書いてあったブログのコメント欄に、私の学科の教授らしいコメントがあるんですが・・・本人なのかなぁι

携帯電話

自宅が圏外な状態や、アンテナが3本立ってても電話に出た瞬間0になって通話が切れたりすることが多く、友人らから「早く買い換えろ」と言われている私の携帯mova「N506i」。
 通話よりもメールなどのパケット通信が主なので、そろそろFOMAに契約変更した方がいいかなと思いっているのですが、FOMAの機種はmovaの機種と比べて、操作感が「もっさり」と評されるほど微妙なんですよね。後、レスポンスの悪さ・・・ι
インターフェースのデザインにこだわる身としては、とても致命的な点です。

 機種だけで考えるとauの方が良さそうなのですが(neonとか、neonとか)家族のほぼ全員がdocomoなので、ファミリー割引のことを考えると必然的にdocomoになっちゃうのですよね。

 そんなわけで、FOMAの機種を使用している方、不満な点があったら使用機種と共に教えてもらいたいところです:
とりあえず、今は3月10日にSonyからSO902iが出るらしいので、評価次第ではその機種に乗り換えようかなーと。
「そんなあなたにはWILCOMのW-ZERO3!」との悪魔のささやきが聞こえてきましたが、某携帯コンテンツが使用できなくなるので聞こえないふり。

「ゲーム脳の恐怖」読んでみました。

数々の指摘にあるとおり、実験サンプル数が記述されていなかったり、検証を行わずに推論を押し付けていたりと、読んでいて面白い本でした。

この本の恐ろしいところにあるのは、専門家の倫理感の無さがこのような事態を招いてしまうって事でしょうか。

脳の研究をしている人が「ゲームが子供の脳の成長に悪影響を与える」なんて言ったら、子供を持つ親はその論を鵜呑みにして信じちゃいますよ。

ここまでくると、本当に筆者が子どものことを考えているのかどうか疑わしくみえてきますね。親に対して媚を売っているとしか思えなくなるよ。

そんなこんなで、今度は川島隆太教授の執筆した本を読んでみようかなーと思って図書館に行ったら月末休館だったのですよ。 orz