C80 1日目~前日搬入~

五月雨アーカイブを頒布したとき、のんびり会場に向かったらダンボールの山が高く積まれていて、開始直前ギリギリまで設営&取り置き分のカウントを忘れて地獄を見た思い出があります。

今回はその反省を生かし、余裕を持って開会の拍手を迎えられるよう、前日搬入を利用しました。

やってきました ここ 有明に

集合時間は16時だったのですが、何があるか分からないので少し早めに出て15時頃に現地へ到着。 途中の大崎でりんかい線の折り返し運転に出会わせたのですが、すし詰め状態の車内と後に残された何とも言えない匂いで、戦場に近づいているんだという実感がわいてきました。

到着後は例のアクリルパネル等の設営資材を抱えたままだったので会場には入らず、西館の階段前の木陰のベンチでまったりと行き交う人々をぼんやり眺めて時間潰し。予定通り遅れるとYokoさんから連絡が入ったので、先にmyzさんと合流。しばらくしてYokoさんと合流できたので、いざ会場へ。

閉会後の会場は、1時間くらい前までここに人がわんさかいたと思えないほど静かで、さらにトラックなどの搬入車両が駆け回っていてとても新鮮。 そんな異世界に来たような感覚に包まれながら自分たちのサークルスペースにたどり着くと、今度は現実から目を背けたくなる量のダンボールの山が目の前に広がっていました。

一旦現実逃避して、一番気がかりだったケースの箔押し部分を確認し、ほぼ想定していた通りの出来になっていたので、心のなかで大きくガッツポーズ。 その後は部数のカウントしたり、出来る限りの圧縮作業を行うなどあたふたしてたら、あっという間に搬入作業時間終了。 この作業を当日に会場入りしてからやってたら、五月雨アーカイブの時の様な、またはそれ以上のパニックに陥ってたかと思います。

会場を出てからは、翌日の設営の流れ等を軽く打ち合わせしつつ飯食べて、秋葉原でぽんちさんのCD-Rを購入した後に帰宅。 すごく疲れたけど、とても充実してていい経験になった前日搬入でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です