ねんがんの あろえをt(ry

友人らが5月20日の例大祭に音楽CDを出すとのことで、インクや用紙などの物資購入に同行したのですが、家電量販店を何店か回ってみた結果、Amazonで購入するのが一番お得なことがわかって(´・ω・`)。 インク詰め合わせで買うと余裕で送料無料ラインの1500円を超すので、店に出向く手間と経費を考えたらAmazon一択になりそうです。

んで、ついでにゲーセン寄ったら、プライズコーナーにQMAのフィギュアメイトの景品があったので、せっかくだから全種コンプ。それぞれが取りやすい位置にあったので、野口さん1枚でお釣りがきました。 Konami版ピンキーって言ったら消されそうな気がする

トラスティベル

Xbox360で来月発売するRPGで、何か面白そうなので期待してみる。 戦闘終了後にポルカが傘をさすモーションとか良いですね。 でも、物語のナレーションが森本レオなのが、バーチャロンマーズの悪夢を髣髴してしまう気がする点が不安材料です。 んで、Amazonで商品を見てみると、発売前なのに既に多くのカスタマーレビューや評価が書かれてるのですが・・・何でゲームの体験版すら出ていない状況で、こういったレビューが書けるのかが疑問です。

現時点での評価は、ゲーム内容そのものの評価ではなく、レビュアーが得た様々な情報から推測した評価ですから、どんなに制作会社が云々、システムが云々、グラフィックが云々だからって結論を導きだしたところで、「それは実際に遊んでみた評価なのですか?」って言われると崩壊するので、あまり参考にならないと思うのですよね。「百聞は一見にしかず」ということわざがあるように、ゲームも実際に遊んでみて、自分が面白いと思うかどうかが重要なのかと。

「ねんがんの あろえをt(ry」への4件のフィードバック

  1. |・ω・)っミ[ユリ&クララ]
    このまま飾らなければ、今年の鳩祭の景品行きかも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です